ゆず 「カナリア」

再びゆずのテレビ番組出演ラッシュが始まります。
今日のMステで、ゆずの「カナリア」が披露されていましたね。
今日の出演メンバーは嵐やジャニーズWESTやE-GIRLS、SEKAI NO OWARIなど、若い面々が多いからか、なんだかゆずのお二人は「おじさん臭く」見えた気がします。
いや、それは年のせいではない、衣装のせいだ!と思いました。
なんだか木こりみたいな少しダサい衣装・・・。
いや、ジャニーズWESTの衣装がパキッとした色だったので、なんだかくすんで見えたのでしょうか。

山形県 永代供養墓
どんな衣装を着させられていても、今のゆずが見られれば、ゆずの歌声が聞こえればそれで良いのです。
「カナリア」のイントロ、本当に良いですよね。
あのイントロをギターで弾くのは難しいそうですね。
You Tubeの公式のPVのshort ver.のコメント欄で岩沢さんが弾いていると思ってコメントした方に対して、実際に弾いているMOROHAのUKさんのファンの方かと思われる方からの反撃コメントがきつくて、なんだかやや右よりのゆずっことしては複雑な心境になりました。
どこかで岩沢さんに弾いて欲しいという気持ちがあるのだと思います。しかし、今回のMステで、後ろにしっかりギターを弾いている人がいたことで、明確になってしまいました。
バイオリンや、ピアノや、チェロや、ドラムや、パーカッションや、ベースや、トランペットや篠笛やその他の楽器の演奏者がいるのはゆずっことしても全然歓迎なんです。
むしろ、バイオリニストの佐藤帆乃佳ちゃんなどは応援していて、後ろで弾いてくれていると嬉しくなります。
しかし、何でしょう、この複雑な気持ち。
後ろで同じアコギを弾いている人がいるのは、なんだか受け入れにくいのです。
妙に悔しいような気持ちになってしまいます。
一言で言ってしまえば岩沢さんに弾いて欲しいんですよね。
「カナリア」は、基本的に歌唱もメインは北川さんです。
ギターもメインが別の演奏者となってしまうと、「ゆず」としての岩沢さんの役割がかすんでしまうようで、複雑な心境なのでしょう。
SEKAI NO OWARIでいうとことのDJ LOVEさんでしょうか。
一人一人皆異なる役割がある。分かっています。
この「カナリア」のサウンドも、ゆずの二人だけでは生み出されなかったであろうものだということも曲のテイストで分かります。
全てひっくるめて、ゆずの「カナリア」、好きです。
やはりすっぴんでやる「カナリア」にも期待してしまいます。冬至の日ライブですっぴんで「カナリア 」やってくれるでしょうか?

まだ夏至の日を過ぎたばかりなのに既に冬至の日が楽しみです。
冬至の日といえば次に楽しみにするのは紅白歌合戦ですね。そもそも出場できるかどうかもまだまだ未定でしょうが。
なんとなく、私の予想ではこの「カナリア」で出場するのではないかな、と感じています。
本当は、「タッタ」の方が「ゆずらしい」曲で、北川さんの良さも岩沢さんの良さも弾き語りの良さも「ゆずらしさ」が詰まった、歌詞も良い曲で、紅白歌合戦でぜひ様々な方に届いて欲しいと思うのですが。
また、タイアップでいえば、伊藤園とのタイアップでCMの曲にもなり、耳にすることが多く、キャンペーンも打って世界遺産でのプレミアムライブも行っているので、「愛こそ」も強力な気がしますが。
なんだかんだ「カナリア」を一番前に持ってきている印象があります。
20周年の次の「ゆず」の形として示したい曲なのでしょうかね。